マナー講座

風呂敷の扱い方・続

カテゴリ:風呂敷の扱い方

「正式な包み方」  風呂敷に結び目をつくらない、もっとも礼儀正しい包み方
1.角が手前にくる様に風呂敷を広げ、商品は真中に置きます。
%EF%BC%96.jpg
2.手前の角を向こう側に折り、はみ出した部分は折り返します。
71.jpg
3.左側から折りたたみみ、はみ出した部分は同じくおりかえします。右側も同様です。
furoshiki%EF%BC%98%20.jpg
4.おしまいは、向こう側から手前に残りの部分を引いてきます。
furoshiki%EF%BC%99.jpg

「略式の包み方」  一般的な包み方です。
1.風呂敷は角が手前にくる様にひろげます。(柄は向こう側にする)
furoshiki10.jpg
2.手前 そして、奥の順にたたみます。(手前に折った時余った部分は箱の下に入れます)
furoshiki11.jpg
3.左右の角を引っ張ります。
furoshiki12.jpg
4.商品の上で真結びにします。
furoshiki13.jpg
5.2.で、手前にかぶせた部分を引き出して、結び目の上にかぶせると、実用的かつ
 上品な「隠し包み」となります。
furoshiki14.jpg


「ビンを包む」   ビールやワインなどの細長い物を包みます。
1.風呂敷きは角が手前にくる様に広げて、真ん中にビンを置きます。
furoshiki15.jpg
2.手前と奥の角をビンの上で結びます。
furoshiki16.jpg
3.残った左右の角をビンの前下めで交差させる。
furoshiki17.jpg
4.角同士を真結びします。
furoshiki18.jpg


「2本のビンを包む」  2本一緒に持てるのが魅力です。
1.角が手前にくるように風呂敷を広げて、ビンを倒してビンの底同士が合わさる様にして
 風呂敷の手前に奥。
furoshiki19.jpg
2.手前から、ビンを転がしながら風呂敷を巻いていく。
furoshiki20.jpg
3.巻き終わりが上になるように置いて、ビンを立てる。
furoshiki21.jpg
4.ビンの上で、左右の角同士を真結びにする。
furoshiki22.jpg


「丸い物を包む」   丸くて持ちにくいボールなどを包みます。
1.1辺が手前にくる様に風呂敷を広げて、真ん中にボールを置く。
furoshiki23.jpg
2.左側の上下の角を、ほどけないようにしっかり結ぶ。
furoshiki24.jpg
3.同じ様に右側も結ぶ。
furoshiki25.jpg
4.片方の結び目の輪に、もう片方の結び目をくぐらせる。
furoshiki26.jpg
5.くぐらせた方の結び目が持ち手になります。
furoshiki27.jpg

風呂敷の扱い方

カテゴリ:風呂敷の扱い方

【物を包む平包み】
・風呂敷を広げた時、タグの様のものが右下にくるようにします。ものを包んだ時綺麗な柄が表にくるようになります。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91_R2.JPG

・風呂敷の手前側からたたみます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92_R2.JPG

・左側からたたみ、右側も同様にたたみます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%93_R2.JPG

・上側をかぶせます。余った部分は内側に入れ込みましょう。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%94_R2.JPG


【渡し方】
・下座に包みを置きます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%95_R2.JPG

・上から四方に開いていきます。できるだけ場所をとらずにこじんまりと、埃がたたないように広げます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%96_R2.JPG

・品物を両手で丁寧に持って、自分の前に置きます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%97_R2.JPG

・脇にある風呂敷のたたみ方ですが、まずは四隅を確認したら、自分から遠い方の2つを左右の手で持ち、手前の2つと合わせます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%98_R2.JPG

・次は手前手前にと折りたたんで、小さくします。
・品物を渡す時、左右の手で持ち右手を右上隅に淵を滑らせながら移動させて、そこを軸の回転させて相手に対して正面になるように向きを直します。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%99_R2.JPG