マナー講座

ふくさの扱い方

カテゴリ:ふくさの扱い方

・祝儀袋や不祝儀袋は、ふくさに包んで持参するのがマナーです。はさんで入れるはさみふくさは取り扱いが簡単です。慶事では朱やピンクなどの明るい色を、弔事では黒やグレーなど地味な色を選びます。紫色は慶弔どちらにも使用できます。

慶事は合わせが、右前です。
・祝儀袋は表書きが上になるように台にのせて、置きます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%90_R2.JPG

・左側の角をつまんでたたみます。金包みの幅に合わせて、端を外側に折り返します。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%91_R2.JPG

・上側をたたみます。端は外側に折り返しましょう。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%92_R2.JPG

・下側を上に重ねます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%93_R2.JPG

・右側をたたんでかぶせて、端は裏側にします。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%94_R2.JPG


弔事は合わせが、左前です。
・不祝儀袋は表書きが上になるように置きます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%95_R2.JPG

・慶事とは逆に、右側からたたみます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%96_R2.JPG

・下側をたたみます。これも慶事とは逆の手順です。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%97_R2.JPG

・上側を折ってかぶせます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%98_R2.JPG

・左側をたたんでかぶせて、中に折り込みます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91%EF%BC%99_R2.JPG