マナー講座

お茶の出し方

カテゴリ:お茶の出し方

・お客さんがきた時にお茶をだします。セッテッングはご覧の通りです。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92%EF%BC%90_R2.JPG

お茶や紅茶などの水分は頻繁に手にするので、右に起きます。ご飯と味噌汁の時と同じです。

・出し方のポイントは、相手を囲む様にです。つまり右側から出す場合は右手で、左側から出す場合は左手で出します。
・更に、手越しになってはいけないので遠いほうの物からだします。上の写真の場合左側から出すとなると、?おしぼり?お茶?お菓子 の順番になります。
・茶たくは、木目がついてる場合は横にして、目が上にあがってる方が上です。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92%EF%BC%91_R2.JPG

・梅の花びらなどになってるものは、花びらのトップが上にくる様にします。
・お茶をだす時は、なるべく音がしない様にと心がけます。方法としては、茶たくを3本指で持ち残りの2本の指をテーブルの上に添わせてすべらせます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92%EF%BC%92_R2.JPG

・ケーキは、周りのセロファンにフォークを刺して、クルクルと内側に巻いてクリームがベトベトにならない様に巻きとります。
・お菓子が食べきれない場合は、懐紙を使って持ち帰ります。懐紙を横に広げて下半分にお菓子を置きます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92%EF%BC%93_R2.JPG

・上半分を手前に折ります。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92%EF%BC%94_R2.JPG

・左右を後ろ側に折こみます。これがさんが包みです。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92%EF%BC%95_R2.JPG