マナー講座

靴の脱ぎかた

カテゴリ:靴の脱ぎかた

 玄関では、前を向いたまま履物を脱いであがったほうがよいのか、うしろを向いてあがった
ほうがよいのか、迷うところですが、前をむいたままあがる事をおすすめします。
なぜなら、うしろ向きで 靴を脱ぐとお迎えの人に背を向けてしまい失礼にあたるからです。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91.jpg

正面を向いたまま靴を脱ぎ、あがったら、お迎えの人に背を向けない様に注意して体を少し斜めにして座り靴を揃えます。この時脱いだ靴のつま先を外に向ける、そしてお迎えの人から遠い位置の玄関の端に靴を寄せます。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92.jpg

この様に靴を揃える作法は、茶の湯が武士階級に広まった頃からされていたそうです。履きやすい状態にして、攻撃されてもすぐに逃げられる様にするため、というのが理由です。

また、お寺の玄関やお手洗いなどに「靴をきちんと揃えましょう」という標語がありますよね。良く見ると隣には「脚下照顧」の文字が、これは脚下を照顧せよ。つまり、他に対して理屈を言う前に自分の足下をよく見よ)という教えからきているようです。
忙しい時でもきちんと靴を揃えるぐらいの心のゆとりは持ちたいものですね。