マナー講座

喪中の葉書

カテゴリ:喪中の葉書

喪中の葉書は、「愛する人を今年亡くして悲しみに沈み、正月を祝う気持ちになれません。
新年のご挨拶を遠慮いたします」というご挨拶状です。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%93.jpg


葉書を頂いたら、本来は、すぐに挨拶をするのが礼儀です。
でも、正直どのようにしたらいいか・・。例文をのせてみます。
喪中を葉書で初めて知った場合は「知らずにご無礼いたしました。お心お察し申し上げます。
亡くなった方のためにもご健康に気をつけて新年をお迎え下さいますよう」或いは、
「お寂しい年の暮れとお察し申し上げます。ご自愛のうえ新しい年をお迎えくださいますよう」。

亡くなった方との交流があったなら、その方の人柄やエピソードを書いて、差し出し人の方の
健康を祈りますというようなことを書くと心がこもります。

返事を送る時期は葉書を頂いてすぐがいいですが、応えられなかった時は、1月5日頃の小寒から、2月4日頃の立春までに、寒中お見舞い(目上の方には寒中お伺い)をだします。

その他、喪中の葉書で不幸を知った時、香典はどうしますか?ですが、大事なことは言葉で自分の気持ちを伝える事だと思います。それでもきもちがおさまらない様でしたら、表書きを「お花料」としてお金やギフト券で差しあげたらいいですね。 

おしまいに、基本的にはプライベートのお付き合いの方には喪中の葉書をだしますが、仕事のお付き合いの方には普通どおり年賀状を出します。