マナー講座

お屠蘇・屠蘇散

カテゴリ:お屠蘇・屠蘇散

お正月にはお屠蘇をいただきます。では、皆さんは「屠蘇散」をご存知ですか?

一般的にお屠蘇には、清酒、日本酒が使われます。
ところが屠蘇散と言うのは、山椒、防風、桔梗、大黄などの薬草を調合したもので、それを、酒やみりんに浸してつくる一種の漢方酒です。
これを元旦?3日にお屠蘇として飲むわけなんです。今から1700年前に中国の名医・華阿が1年間の災難厄除のために飲んだのがはじまりとされています。
蘇という悪魔を払うという意味と、邪気を払い魂を蘇らせるという意味がある様です。
日本には平安時代に伝えられて、宮中から民間へお正月の縁起行事になりました。

ちょっと手がかかりそうな屠蘇散ですが、最近は薬局に売っています。早速購入してきました。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%94%E3%80%81%E3%81%A8%E3%81%9D%E5%B1%B1.jpg

中にはティーパックが1袋入っていて、値段は100円です。効能として血圧低下、健胃、胃腸の
強壮、感昌の予防、消化促進。
大晦日の夜にこの1袋を、みりんまたは清酒(180cc)に浸して十分薬味を出したものを飲みます。

味もまろやかで、体にも良さそう、おまけに御利益があるのが嬉しいですね。