マナー講座

神社でのお参りの仕方

カテゴリ:神社でのお参りの仕方

神社の入り口には扉ではなく、鳥居があるのはいつでも誰でも自由に出入りできることです。
神様がお住まいなので、鳥居から先は乗り物でも乗り付けてはいけません。

1.まずはこれから参拝、鳥居をくぐる時は一礼します。
2.そのまま前に進みますが、参道を歩く時は真ん中を歩いてはいけません。(なぜならそこは神様
 の通りみちだからです)右側でも左側でも構いません、端を歩きましょう。
3.途中、手水舎によります。右手で柄杓を持ち左手に水をかけます。次に左手に柄杓を持ち右手
 に水をかけます。
 また、右手に柄杓を持ち替え左手に水をうけ、それで口をすすぎます。
 柄杓を縦にして残った水で、手に持った柄の部分を清めます。
4.鈴をならします。これは呼び鈴と同じで、お参りしていることを神様に知らせます。また、
 振るのは風をおこす事によって気を起こす意味もあるようです。
5.お賽銭は神様に捧げるものなので、放り投げるのではなく、そっと入れるようにします。ご縁が
 あるようにと5円を入れる人もいますが、お金の価値や金額は人間社会のものなのであまり意味
 は無いそうです。
6.二礼二拝(しっかり願い事を伝えます)その後一礼です。