マナー講座

葬儀以外の弔問

カテゴリ:葬儀以外の弔問

通夜や葬儀に出席できなかった場合は、先方に都合を確認してから自宅へ弔問します。
仏式では、仏壇に線香をあげて合掌し故人の冥福を祈ります。
もちろん、自宅への弔問の場合には「御香料」を持参します。その他、葬儀後の法事に招かれた
場合にも「御香料」を持参します。

さて、神式やキリスト教式に数珠を持って参列するのはおかしいですね。数珠は仏式の時にだけ
持参するものですが、参列する人自身が仏教徒でなかったらその必要はありません。
数珠は焼香の前は、左手に持ちます。
20112%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91.jpg

(手順)
1.まず、仏壇の前に正座をして姿勢を正し一礼します。
2.右手で、線香を1本手に取りろうそくにかざして火をつけます。
3.火のついた線香を左手に持ちかえて、右手であおいで炎を消します。(口で吹いて消してはい
 けません)
4.再び、線香を右手に持ちかえて香炉に立てます。(浄土真宗では寝かせます)
5.合掌します。この時に、数珠は房が真下にくる様にして両手の親指と人差し指の間にかけます。
20112%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92.jpg軽く目を閉じて冥福を祈ります。

せっかくなので、ここでお念珠(数珠)の事を記しておきます。
お念珠は基本的には合掌する時に手にかけて使うものです。
素材は木の実、石、珊瑚、化石など様々で、珠と珠は糸で結ばれていて丸い形は心の平和をあらわしています。
もとは、唱えた念仏の回数を数える道具とも言われていたそうで、お釈迦様がインドの王に「木の実を108個通して輪を作り、仏の名前を唱えてひとつずつ手繰っていき、肌身離さずにいなさい」と話したようです
正式なものの珠の数は108で、除夜の鐘と同じ数ということからわかる様に「煩悩の数」、そして「清浄な心の数」のことだそうです。