マナー講座

エレベーターの乗り降り

カテゴリ:エレベーターの乗り降り

いつも何気なく乗っているエレベーターですが、席次があることは意外と知られていません。
ボタンの操作盤が左右どちらにあるかにかかわらず、入り口から見て左奥が上座です。
次はその右という順になり、操作盤の前が下座です。
また操作盤が、エレベターの中に入った時右にある場合はその前が下座です。左右両側にある時は、左の前が下座です。

エレベーターの乗り降りは原則的には来客が先とされています。

(乗る時)
エレベーターのドアが開いたら、ボタンを押しながら「どうぞ」と会釈をしながら来客を先に乗せて
自分が乗り込みます。ただ場合によって多数のお客さんを案内する場合は「お先に失礼します」と言って自分が先に乗り「開」のボタンを押しながら、お客さんが乗りこむのを待ちます。
混みあっていない時には、奥に入ってもらい自分は操作盤の近くの位置にお客さんに背をむけない様に、斜め向きに立ちます。

(降りる時)
「開」のボタンを押しながら「こちらでございます。降りましたら右にお進み下さい」などと迷わまい様な次の案内をします。その後自分も降りたら、お客さんの2?3歩前に進み歩きます。