マナー講座

立食パーティ

カテゴリ:立食パーティ

すべてのものは左手で持ちます。お皿の上に出ているのは親指、人差し指、中指の三本です。
その指でグラスを押さえながら持ちます。その他の二本の指はお皿の下でフォークや箸を間にはさんで持ちます。この時フォークや箸がお皿から出て、人の衣服などにかからない様にぶつからない様に気を付けて下さい。
cup.jpg

・取り皿は1人1回1枚と心がけます。

・料理を取りに行ってお皿に盛り付ける時は、座って頂くフルコース料理を思い出して下さい。
前菜、温かい物、魚料理、肉料理、デザートなどです。

・まず大事になってくるのはお皿、グラス、フォオークの持ち方

・1枚のお皿をキャンパスと考えて、美しい絵を描く様に綺麗に取ります。温か
い物と冷たい物を一緒には盛らない。一度にお皿の上ののせる料理は3品?4品
がいいでしょう。

・使用済みのお皿は、料理の並んでいるメインテーブルに置くのはいけません。
サービスの係の人に直接渡すか、お皿下げのコーナーが有ればそちらに運びます。

・歓談中は、食事の手を休めて、取り皿をテーブルに置いてグラスだけを持ちます。

・自分の椅子のキープはしてはいけません。バッグなどを置かない様にしましょう。
バッグは基本的に自分の手にかけられるものを持ちます。

・パーティーの会場で立ち止まってはいけない場所が3ヶ所あります。
1.料理がならんでいるテーブルの前。2.バーの前 3.出入り口付近です。
話込んでしまったり、壁の花にならない様にしましょう。

・立食パーティーは動くパーティーでもあります、会話を楽しみコミュニュケーションを積極的にとりましょう。社交の場としては、はじめての人との距離はおよそ1.2メートルとされてます。下座から入って声をかけます。

・「箸先を見ればその人の育ちや教養がわかる」と言われています。
汚していいのは1.5センチ。多くても3センチです。

・その他、食べ残してはならない、持ち帰ってはならない、時間を守る、他人の分を取らない、満腹にしない、食わず嫌いをせずに色んな料理の種類を食べる、急がずゆっくりと優雅な時間とお話を楽しむ余裕が大事です、料理名が書かれた札や説明書きに目を通すのもいいですね。