マナー講座

お月見

カテゴリ:お月見

お月見は、旧暦8月15日に月を観賞する行事です。(新暦の9月中旬?下旬あたり)
中国から平安時代の貴族に伝わったもので、それが日本では後に秋の収穫を祝う行事に変化したようです。
「15夜」とも「中秋の名月」ともいいます。
15夜は満月、中秋の名月とは旧暦の8月15日に月を観るという意味があります。
旧暦では7月、8月、9月が秋にあたり、7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋とよんでいます。
ですから、
旧暦8月15日を「中秋の名月」としているため、中秋イコール満月とは限らないのです。

では何故!?人は月を観るのでしょうか。
月は、欠けてもまた満ちる 消えてもまた現われれる それが生命の繋がり、不老長寿を感じる。
また、天に輝くものへの崇敬。憧れであったりするのです。

「お月見の供え物」は
縁側の月見台に収穫物を東に向けて供えます。
・月見団子は15にちなみ15個供えます。団子1個の大きさはやはり15に因んで(1寸5分)
 およそ4.5Cmの直径です。
 飾り方は下段に9個、中段に4個、上段に2個を正面に向かって縦に並べてます。

・すすきは、月の神様の依り代(よりしろ)。神様が現れる時に宿るところとして飾ります。
 その他、魔除けの力を秘めているとも言われ、月見後には畑や軒にさして次の収穫を祈ります。

・秋の七草は、萩、尾花、桔梗、撫子、女郎花、葛、藤袴。

お供えものは、お月様から見て左に自然界の収穫物を、右にお団子を供えます。


おしまいに、15夜は誰でも意識しますが、13夜があることをご存知ですか!?
新暦の10月中旬あたりで、「後の月」「名残の月」といわれてます。
13夜の鑑賞は日本ではじまり、15夜しか見ないのは「片月見」と言って縁起が悪いとされ
両方楽しみたいとされてます。
最近はカレンダーにも記載があるので、意識して見るのも面白いですね。