マナー講座

長寿のお祝い

カテゴリ:長寿のお祝い

昔は厄払いの意味もありましたが、現在は祝う事によって長寿の幸運にあやかりたいと言う気持ちも込められています。

長寿のお祝いは、数えで61(満60)になる誕生日「還暦」から祝うのが習わしです。
60歳は人生で5回目の年男・年女となる年で、生まれた干支に還って赤ちゃんに戻ると言う意味があった為、赤いチャンチャンコと頭巾を贈る事になっていました。
でも今の60歳は元気です。人生の節目になる誕生日の感覚でいいと思います。
赤い色をちょっと意識した、ライター、花、ハンカチ、ストラップなどもおすすめです。

いずれにしても、子供たちや孫が集まって食事会などが出来たら楽しく思い出に残る記念日にな
りそうです。

「還暦」60歳  生まれた年の干支に還る
「古希」70歳  中国の詩人杜甫(人生七十古来稀なり)から
「喜寿」77歳  喜ぶの草書体が七十七と読めるから
「傘寿」80歳  傘の略字が八十と読めるので
「米寿」88歳  米というの字を分解すると八十八になるから
「卒寿」90歳  卒の略字が九十と読めるので
「白寿」99歳  百から一を取ると白になるので
「上寿」100歳 百歳を一区切りとする。80歳が中寿、60歳が下寿。