マナー講座

春の彼岸・秋の彼岸

カテゴリ:春の彼岸・秋の彼岸

「彼岸」とは向こう岸、仏教用語では極楽のことでこの風習は日本独自のもです。
極楽は太陽が沈む西の方角にあると考えられていました(極楽浄土の方角)。
春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さが同じになり、太陽が沈むのは真西です。
よって、この時期が特別に先祖を供養する時となりました。

春の彼岸は、春分の日を中心に前後3日ずつの1週間。
秋の彼岸は、秋分の日を中心に前後3日ずつの1週間です。

お寺では「彼岸会・ひがんえ」の法事が行われますが、私たちはお墓参りにいきます。
お墓の掃除をきちんとして、花や供物をします、墓石の上から水をたっぷりかけて、お線香をあげます。この時はお墓に向かって一礼→しゃがんでから合掌→立ち上がって再度一礼して下がります。お墓参りが終わったら本堂に挨拶参りをしましょう。

同じものが、春の彼岸は「ぼたもち」、秋の彼岸は「おはぎ」と呼ばれるのは何故?でしょうか。
それは、季節の花を見立ているからです。
春は「牡丹」の花のイメージで、こし餡を使いぽってりと丸く大きくて素朴な感じです。
秋は「萩」の花のイメージで、粒餡を使って小ぶりで面長やや細長く上品な感じです。
手作りの味を楽しんでみるのもいいですね。
DSC02182.jpg