マナー講座

七・五・三

カテゴリ:七・五・三

11月15日は七五三です。子供の健康と成長を祝う行事で、現在も盛んに行われているこの行事ですが、もともとは徳川家光の四男、徳川綱吉の身体が虚弱だった為に、5歳のお祝をこの日にとり行ったのがはじまりだったようです。

現在は、11月15日前後に氏神様に健やかな成長を感謝しつつ、これからも成長していく過程で
社会の一員として共同体に立派に参加できます様にと願いを込めてお参りします。
またこの時期は、鬼が自分の家に帰る鬼宿日であること、秋の収穫を終えて、田の神様を山に
送る祭りの日であったそうです。

一般的に男児は3歳と5歳、女児は7歳で行います。

お祝いは現金を包む場合は、当日までに届けます。
お返しは、お祝の席に招待する事がお返しになりますが、席を設けない場合や遠方の方には
11月末までに「内祝」を子供の名前で贈ります。この時写真を同封するのもいいですね。

(豆知識)
三歳は「髪置き」   →三歳の男女が頭髪を伸ばす儀式
五歳は「袴着」    →五歳の男児が初めて袴をはく儀式
七歳は「帯解」    →七歳の女児が付け帯を解いて大人の帯をしめる儀式
いずれにしても、やっと一人歩きする頃の三歳、何でも一人でしたがる5歳、社会に仲間入りする
七歳を数でとらえて祝う事によって、自覚とより良き成長を願う節句が七五三である。

「千歳飴」は、松竹梅や鶴亀をあしらった袋に紅白の棒飴が入っている。飴のどこを切っても
金太郎の顔が出てくるものもある。このめでたずくしの千歳飴は、宝永の頃、江戸の浅草で、
豊臣残党の一人・平野陣九郎重政が甚右衛門と改名して飴屋となって始めたものといわれている。