マナー講座

封筒と手紙の折り方

カテゴリ:封筒と手紙の折り方

手紙を書いて、封筒に入れて送る時の注意事項です。
手紙を書く場合→改まった手紙は、便箋も封筒も白無地のもので2重のものを使います。
弔事やお見舞いの場合は、不幸や大変な事が重ならないようにと1重のものを使います。

封筒に入れる時→必ずのりを使います。セロハンテープやホッチキスは使用不可です。
封じ目には「封」「緘」「〆」と書いて投函します。(「〆」においては、略字なので会社などではマナー違反となる為注意が必要です)

「手紙の折り方」
最も多く利用されているのが、和封筒の三つ折りです。

1.手紙の書き出しが右上にくる様にする。
%EF%BC%91.jpg
2.下から上に1/3折り上げます。
2011112.jpg
3.残りの1/3を、上から下に折り重ねます。
2011113.jpg
4.「拝啓」などの書き出しが上。又、赤いシール便箋の上端が手前にくるように入れます。
2011114.jpg

次は親しい相手に送る、洋封筒の横書きの折り方です。

1.手紙の書き出しが左上にくる様にする。
2011115.jpg
2.下から半分に折り上げます。
2011116.jpg
3.右から左に半分に折り合わせます。
2011117.jpg
4.手紙の書き出しが左上になる様に入れます。これは封筒の上部をナイフで開封した時に
 切れてしまわないように、折り輪を底にします。
2011118.jpg
横書きの場合は封印はしません。

「封筒について」
合わせが逆になるケースがあります。
2011119.jpg
不祝儀の時は封が、左前になるようにします。


「切手について」→ 貼る位置を間違えると非常識に、絵柄にこだわると素敵な人になります。
・葉書や封筒を縦長に使用する場合は、左上に貼ります。基本は左上角から縦7cm、横3.5Cm
 の中に入れます。(郵便局では機械で切手に消印をするので、その範囲内とする)

・横長に使用する場合は、右上に貼るという原則があります。
20111110.jpg
つまり葉書も封筒も、縦長にした時に左上に切手がくれば良いのです。


「その他」
Q、親展とは!?
A、 ご本人自らが開封して下さいの意。(親しみを込めてではありません)

「おまけとして・可愛い手紙の折り方」
私が学生時代に友達とお手紙交換した時の作品です。
20111111.jpg